お知らせ

現代人の噛む回数は?

更新日:2014/03/08

あごが小さくなっているといわれている現代の子どもたち。

各時代ごとの1回の食事での咀嚼回数(噛む回数)を比較しました。

弥生時代  約4000回

江戸時代  約1600回 

現代     約600回

このように時代によって噛む回数が減ってきていることがわかります。

詳しくは ⇒ よい歯コラム「お子さまのお口の機能向上」
お問い合わせ
無料電話相談 お気軽にどうぞ!直通:0284-64-8241
無料メール相談
PHOTOカウンセリング 携帯電話で撮った写真にて簡易診断します。